つまっている時の症状

トイレトイレのつまりには、前兆があることが多いものです。トイレを流した後の水の様子を見ていると、近いうちにつまってしまうような状態にあるかどうかが判別できます。例えば、水を流しても便器の中にトイレットペーパーの一部がふわふわと浮いている場合、トイレのつまりが起こる兆候かもしれません。一度はきれいに流れたにもかかわらず、ペーパーが逆流してきているような場合も同様です。トイレの配管は複雑にカーブしているため、便器の底を見ているだけでは物がつまっているかどうかは確実にわかりません。奥の配管に、トイレットペーパーが溜まってしまっている場合、水を流してもペーパーが逆流してくることがあります。

トイレを流すと、水の量が一時的に増える場合も、つまりの前兆かもしれません。通常はスッと流れていくものですから、どこかでつまっていて水の量が増えていると判断できます。そのまま放置していると、つまったところに次々と排泄物やトイレットペーパーが溜まってしまうでしょう。流したときに、便器の水が跳ねる場合もトイレのつまりが起きている可能性があります。どこかでつまりが発生しているために、流したいものを流せず水が跳ねてしまうというわけです。ですので、トイレのつまりについて問題が起きれば、自分で直すことも一つの手段ですし、業者に依頼をしてすぐにでも直してもらいましょう。

つまりの最多原因とは

トイレのつまりは、ある日突然やってくるようで実はパイプなどに徐々に流れにくいものが溜まっている可能性もあります。突然物がつまってしまう場合もありますが、いずれにせよトイレのつまりの原因は大きく分けて2つです。1つは流してもよいものを一気に大量に流すことでつまってしまうこと、もう1つは流してはいけないものを流してしまうことです。

トイレットペーパー流してよいものがつまってしまう場合、原因の多くはトイレットペーパーや排泄物です。実は、トイレつまりの原因のほとんどがトイレットペーパーだともいわれています。一度に大量のトイレットペーパーを使うと、通常は流れるものでも流れにくくなってしまうのです。流せる用のお掃除シートも、トイレのつまりの原因となることがあります。トイレットペーパーでも大量に流すとつまってしまうことがあるくらいですから、さらに厚手にできているお掃除シートがつまりの原因になっても不思議ではありません。トイレに流せるとされていても、流さないようにするのがトイレのつまりを防ぐコツです

トイレに流してはいけないとされているものは、多数あります。トイレに流せるものは、トイレットペーパーと排泄物のみと解釈しておいたほうがよいくらいです。例えば、ティッシュペーパーはトイレットペーパー同様に流れると思われがちですが、ティッシュは水にとけにくい材料で作られているため、トイレに流すには不向きです。生理用品やおむつを流そうとする人もいますが、これらの素材は吸水性が高く、細かくちぎってもつまりの原因になる確率大です。ペンなどの文房具を便器に落としてしまった場合は、奥に行ってしまうほど厄介です。おもちゃも同様で、取り出し作業が大掛かりになる可能性があります。

中には、節水のためにトイレのタンクにペットボトルを入れていることが原因でつまってしまうこともあります。本来の機能が発揮できなくなったトイレの水の流れが悪くなり、つまりの原因となってしまうのです。最近では、ペット用のトイレ砂や排泄物を流してトイレのつまりが発生することも増えています。トイレに流してもよいトイレ砂だとしても、つまりの原因になる可能性があることを認識しておきましょう。

トイレのつまりの原因

トイレのつまりには、複数の原因が考えられます。原因がわかればトイレのつまりを解消しやすくなりますし、予防方法として心がけることもできます。プロの業者にトイレのつまりを解消してもらう場合でも、原因があらかじめわかっていれば料金が安くなることがあるため、まずは原因を追及してみることが大切です。

ペットの砂トイレつまりの最大の原因は、意外なことにトイレットペーパーだといいます。排泄物のつまりも原因としては多く、トイレに流してはよいものでもつまりの原因となり得ることを意識しておいたほうがよいでしょう。トイレットペーパーや排泄物は、一度に大量に流そうとしてつまってしまうこともありますが、徐々につまりが発生している場合もあります。用心して、こまめに水を流すように心がけることも予防法となるかもしれません。お掃除シートやペットのトイレ砂などは、流してよいとされている商品でもつまりの原因となることがあります。流してはいけないものでは、生理用品やおむつ、文房具、おもちゃなどが代表例です

トイレがつまるときには、前兆が出ている場合も少なくありません。例えば、便器内の水量が増えていたり跳ねたりするという場合は、どこかでつまりが発生しているために起こっている可能性が高いといいます。流したときにトイレットペーパーが逆流してくる場合も、配管内でつまりが発生している可能性があります。一度はきれいに流れたはずなのにトイレットペーパーが戻ってきてふわふわ浮いているときも、要注意です。