つまっている時の症状

トイレトイレのつまりには、前兆があることが多いものです。トイレを流した後の水の様子を見ていると、近いうちにつまってしまうような状態にあるかどうかが判別できます。例えば、水を流しても便器の中にトイレットペーパーの一部がふわふわと浮いている場合、トイレのつまりが起こる兆候かもしれません。一度はきれいに流れたにもかかわらず、ペーパーが逆流してきているような場合も同様です。トイレの配管は複雑にカーブしているため、便器の底を見ているだけでは物がつまっているかどうかは確実にわかりません。奥の配管に、トイレットペーパーが溜まってしまっている場合、水を流してもペーパーが逆流してくることがあります。

トイレを流すと、水の量が一時的に増える場合も、つまりの前兆かもしれません。通常はスッと流れていくものですから、どこかでつまっていて水の量が増えていると判断できます。そのまま放置していると、つまったところに次々と排泄物やトイレットペーパーが溜まってしまうでしょう。流したときに、便器の水が跳ねる場合もトイレのつまりが起きている可能性があります。どこかでつまりが発生しているために、流したいものを流せず水が跳ねてしまうというわけです。ですので、トイレのつまりについて問題が起きれば、自分で直すことも一つの手段ですし、業者に依頼をしてすぐにでも直してもらいましょう。