つまりの最多原因とは

トイレのつまりは、ある日突然やってくるようで実はパイプなどに徐々に流れにくいものが溜まっている可能性もあります。突然物がつまってしまう場合もありますが、いずれにせよトイレのつまりの原因は大きく分けて2つです。1つは流してもよいものを一気に大量に流すことでつまってしまうこと、もう1つは流してはいけないものを流してしまうことです。

トイレットペーパー流してよいものがつまってしまう場合、原因の多くはトイレットペーパーや排泄物です。実は、トイレつまりの原因のほとんどがトイレットペーパーだともいわれています。一度に大量のトイレットペーパーを使うと、通常は流れるものでも流れにくくなってしまうのです。流せる用のお掃除シートも、トイレのつまりの原因となることがあります。トイレットペーパーでも大量に流すとつまってしまうことがあるくらいですから、さらに厚手にできているお掃除シートがつまりの原因になっても不思議ではありません。トイレに流せるとされていても、流さないようにするのがトイレのつまりを防ぐコツです

トイレに流してはいけないとされているものは、多数あります。トイレに流せるものは、トイレットペーパーと排泄物のみと解釈しておいたほうがよいくらいです。例えば、ティッシュペーパーはトイレットペーパー同様に流れると思われがちですが、ティッシュは水にとけにくい材料で作られているため、トイレに流すには不向きです。生理用品やおむつを流そうとする人もいますが、これらの素材は吸水性が高く、細かくちぎってもつまりの原因になる確率大です。ペンなどの文房具を便器に落としてしまった場合は、奥に行ってしまうほど厄介です。おもちゃも同様で、取り出し作業が大掛かりになる可能性があります。

中には、節水のためにトイレのタンクにペットボトルを入れていることが原因でつまってしまうこともあります。本来の機能が発揮できなくなったトイレの水の流れが悪くなり、つまりの原因となってしまうのです。最近では、ペット用のトイレ砂や排泄物を流してトイレのつまりが発生することも増えています。トイレに流してもよいトイレ砂だとしても、つまりの原因になる可能性があることを認識しておきましょう。